歯を痛がる男性
DENTAL

歯周病というとある程度の年齢になってから発症するイメージが強いのですが、若年層の人が歯周病に悩まされるケースも増加しています。
実は統計的には日本人5人のうち4人は歯周病にかかっているか予備軍であると言われていますので、今現在は大丈夫な人でも異変があったらすぐに歯医者に行かなければなりません。
歯医者は痛みが現れた時に通うという人が意外と多いのですが、口内を健康で衛生的に保つために通う場所でもあります。

原因はプラークに付着した歯周病菌ですので、誰にでも起こり得るものです。
口腔内をきちんと綺麗にできていないことが関係していて抵抗力が落ちた時に発症したり悪化したりします。
中年以上になると抵抗力が落ちやすくなりますので悪化することが多くなりますが、少し経てば落ち着くだろうと放置してしまう人も少なくありません。
歯医者で適切な治療を受ければそれ以上の悪化を防ぐこともできますが、放置すると治療が困難になったり歯を残せないケースもありますので注意が必要です。

若年層の場合は一般的に多い慢性歯周炎でなく、侵襲性歯周炎の可能性が高くなります。
慢性歯周炎よりも骨の吸収スピードが速く、一定の部位に対して発症する傾向にあります。
また、一般的な歯周病治療では治らないことも多いので、早めに診断を受けることが大切です。
侵襲性歯周炎の原因は特異性のある細菌や遺伝的要因ですので、家族が同じように発症しているのであればより注意が必要になります。

医者に相談する男性

理想的なのは歯肉炎の段階で歯医者に通うことです。
歯肉炎の段階では歯茎にのみ炎症が起きている状態なのですが、歯周ポケットにプラークが溜まってプラークに潜む歯周病菌によって炎症が引き起こされていますので、プラークを除去すれば改善できます。
プラークを放置すると唾液に含まれるカルシウムやリン酸などと反応して歯石になり、歯石になると歯磨きで取り除くことは困難です。

健康な歯や歯茎を保つためには、定期的に歯医者で歯石を取ってもらい、細菌を発生させないようにしなければなりません。
歯医者に行くのが面倒だからと自分で歯石取りをしようと試みる人もいますが、上手くできずに歯周組織を傷つけてしまうことが多いので歯医者に通った方が安心です。
専門の人に見てもらえば歯周病や歯肉炎のチェックをするだけでなく、どの部分の磨き残しが多いのかを調べたり何らかの不具合を発見することも可能ですので、歯のトータルケアを行うことができます。

糖尿病などの病気との関係

看護師

歯周病は歯だけの問題ではありません。
糖尿病を患っている人は歯周病が重症化してしまうことが多いので、気になる場合には早期発見、早期治療を心がけることが大切です。
併発している場合に問題になるのは、糖尿病になると増える最終糖化産物が歯槽骨の吸収を促すという点であり、歯槽骨の吸収が進めば歯周病が悪化してしまいますので、併発している人は重症化する傾向にあります。
また、糖尿病の人は血行が悪くなりがちですので、口腔内の血行も悪くなって循環の悪化から歯茎の不調につながります。

逆に歯周病が悪化することで糖尿病が酷くなるケースもあります。
炎症が進むとTNF-αという悪玉の生理活性物質が増加して歯肉から血管内に入り込み、その結果インスリンが効きにくくなって血糖値の上昇が続くことで糖尿病が悪化します。
重症化を防ぐためには早急に炎症を鎮めなければなりませんが、糖尿病を患っていることで治りにくくなっていますので治療は簡単にはいきません。

糖尿病を患っている人とそうでない人のリスクを調査してみるとその差は顕著に表れていますので、既に糖尿病を発症している人は一般の人よりも気をつける必要があります。
歯茎の状態に問題が生じると食べ物の咀嚼機能が低下して、高エネルギー・低食物繊維の食生活になることも問題です。
それに運動不足が加われば生活習慣病のリスクがより大きくなって、脂肪細胞から分泌される炎症物質の働きによって歯周病は一層酷くなります。

最近では歯周病菌や歯周病が原因で増加する炎症物質によって動脈硬化が起こりやすくなることも分かっており、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気につながる恐れもあります。
日頃の生活習慣と密接な関係がある病気ですので、乱れた生活習慣を見直して健康的な生活を送ることが重要であり、運動をすることが可能なら毎日有酸素運動を取り入れるのもおすすめです。
生活習慣の改善を図らずに糖尿病を良い方向へ持って行くのは難しいと言わざるを得ません。

歯医者に行くのは億劫に感じるという人が大半ですが、悪化してからでは治療にも時間がかかりますので、気付いた時点で受診をすることが大切です。
何も不調を感じていなくても定期的にチェックをしてもらうために通うことで歯石を除去できますし、早期発見も可能になります。
特に糖尿病持ちの人はリスクが高いことを考慮して、ほんの少しの異変でも放置せずに診てもらうことを心がけましょう。